2016年11月の記事一覧

10年を越えて使用したauの2年縛りが解ける2ヶ月間が来ましたので、重い腰を上げ、mineoに乗り換えました。
格安スマホをいろいろ調べ、mineoに決めるまでの紆余曲折は別の記事で書くとして、
ここでは実際にお店でmineoの契約をしたときのことを書いておきます。

ヨドバシ

店員さんとのやりとり自体はとてもスムーズでしたが、
結果的にはネットで自分でやるほうが良かった! これが結論です。


mineoには全国的にもあまり実店舗がなく、わたしの見た段階では大阪と名古屋にしかありません。
名古屋のmineoはグッドウィルEDM館。大阪のmineoはグランフロントです。


その他にサポート店と販売店があり、ヨドバシカメラやパソコン工房、PCデポ、ダイマック、ドクターホームネットなどの格安スマホカウンターの一画にスタッフを置いて、実際に対面で契約をしたい人の相手をするようになっています。
もちろんそういうところで人件費をかけず、安い月額を実現しているのでしょう。


しかも、いまは大手三キャリアから格安スマホに乗り換えるひとが続出している時期。
mineoも相当人気のようで、待ち時間が長い〜!!

ヨドバシ
わたしはある月末の土曜日のお昼過ぎにmineoの表示のあるカウンターに顔を出しました。 この時点で、契約に必要な書類などはすでに揃えていました。


● クレジットカード(これは結果的に必要ありませんでした。eoIDを持っていたのでそこに使用しているカードに紐付けられました。)
● 本人確認書類(運転免許証を提出しました。スタッフがコピーを取ってjpeg画像としてmineoに送りました)
● eoIDとeoパスワード(うちはeo光のネットを使っているので、mineoの支払いなどはそこに合算できます)
● 来店時に受信確認が可能なメールアドレス(ケータイアドレスでも可ということでしたが、携帯のメインアドレスはauのezweb.ne.jpなのでこのあとすぐ使えなくなります。ですのでPCのアドレスにしました。家に帰らないと確認できないですがそれでOKでした。)
● MNP予約番号(数日前にauに電話して取得しました。)


カウンターは一見ひともまばらで、待っているひともおらず、「これはすいすいと契約が終わるのでは?」と思いましたが甘かった!
1時半でしたが、格安スマホをしきっているスタッフはもうしわけなさそうな顔でこう言いました。
「整理券をお渡ししております。お客様は午後4時00分になります。」
この時点で2時間半待ち確定!
土曜日のヨドバシカメラのひとごみの中で途方に暮れるわたし。
ネットでやればよかった。


mineoの公式サイトにも書いてあります。
1日に受け付けできる数に限りがありますので、即日渡しご希望のお客さまはお早めにご来店ください。
店で契約するとしても、朝いちかまたはなんとかして平日にすればよかった...。


とはいっても、わたしの場合、auの魔の2年縛りがまた復活してしまうので、もう猶予はありません。
家へ帰ってネットで申し込んでもSIMが届くまでに1週間ほどかかるので、その時点での契約ということになり、2年縛り復活後の契約になってしまってアホらしいのです。


さいわいヨドバシはたいへん楽しいところですので、お買い物をして、お茶をして、本屋さんで勉強して2時間半を待つことにしました。
ヨドバシの思うつぼですね。

さて、整理券とはよくできたもので、約束の4時ぴったりにスタッフとのやりとりが始まりました。
こちらは十分下調べもできていますし、必要なものも持ってきていますので、話はスムーズです。
スタッフはわたしの契約条件をきいて、いちおう他店舗との比較もしてくれます。
わたしの場合、ワイモバイルでも同様のプランがあるということを教えてもらいました。


残念なことはふたつ。
ヨドバシでmineo契約するとヨドバシの端末を買うことになるため、ネット契約より端末代が高くなること!
たとえば富士通のarrows M03だと約10000円も高くなるのだそう。
(たしかにmineo公式サイトに掲載されているarrows 03の値段はカカク.comより安いものでした。このへんは良心的ですね。mineoさん。)
もうひとつは、事務手数料3240円が無料になるエントリーコード、エントリーパッケージがヨドバシでは使えないこと。

これだけで12000円以上損することになります。

もっと早くネットでやればよかった。

わたしの場合、お尻に火がついていますので、そのまま契約に進みます。
ファーウェイのP9lite10000円高くなるarrows M03はやめて、ファーウェイのP9liteにしました。
こちらならそれほど値段が変わらないということで。
ZenfoneGoやarrows M02よりはファーウェイがおすすめということでした。


ドコモプランのデュアルタイプ 無料通話なし 1GBで決定。
1GBと3GBのプランは月額100円しか変わりませんが、プラン変更はカンタンだということで、最低ラインからスタートすることにしました。
1GBでも初月だけ2GBになっています。それを越えたところのつながらない感をまず体験してみます。


さて、それからが新たなる待ち時間です。


商品受け取りまでの1時間半〜2時間。
これはmineo側の作業もあるので、短縮はできないとのこと。
また楽しいヨドバシ巡りの時間です...。


待ち時間はたいへんでしたが、トラブルはなくmineo契約に至りました。端末は一括払いで買いました。
ヨドバシを出たのが午後7時。なんと5時間半もかかったことになります。
(もっと早くネットでやればよかった。)

ヨドバシカメラでmineo契約
(とにかくその日のうちにmineoは使えるようになった)


お店でmineo契約するデメリットは以下。
たいへんな待ち時間(わたしの場合は計5時間半)
結局スタッフがmineoの公式サイトのネット契約画面を立ち上げて、記入してくれるだけなので、自分でやるのと同じだということを見せつけられる
エントリーコード、エントリーパッケージが使えない。(たぶんこれはヨドバシの取り分になるのだろう)
端末代がネットでmineo契約するときより高くなる(富士通のarrows M03にいたってはなんと1万円も高くなりました。ヨドバシのものを買うことになるため。これはイタイ!2年縛り復活後に違約金を払ってネット契約してもほとんど変わらん!)

逆に、mineo契約をお店でするメリットは以下。
待ち時間はがまんするとして、即日mineoが始められること。
不安なことは対面で聞いてクリアできる。
ネット入力が苦手なひとにはいいかな。


というわけでわたしの結論です。
【結論】mineo契約はネットで自分でやったほうが100倍良い!2年縛り明けにするなら余裕を持ってMNP予約番号を取って早く契約手続きをすること。
一番良いのは2年縛りの明ける前にMNP予約番号を取得して、月が変わったらすぐ契約するのだそうです。わたしはその段階では格安スマホの乗り換え先の検討すら始めていませんでした...。


わたしの失敗がお役に立ちましたらさいわいです。
ここまで読んでいただきありがとうございました。


》 》 mineoが今やっているキャンペーンをチェックする ←乗り換えタイミング診断が役に立ちます!

わたしの場合、auからmineoに移行するのにかかった費用はこのくらいでした。

計算機

auの更新月以外に解約するのにかかる違約金は0円
auからのMNP転出手数料は3,240円
新契約のmineoに転入する手数料は同じく3,240円
格安スマホ端末(ファーウェイP9ライト)とnanoSIMカードは30,700円。(一括で買いました)


合計37,180円かかったことになります。


本当はWEBで自分でmineo申し込みをすればもっともっと安くなったのですが、即日契約しなければいけない事情があり(あと数日で解約の違約金が復活してしまうから)、こういうことになりました。

実際、WEBですれば次のようなものが安くなります。
ヨドバシで契約したので端末代がネット契約より高くなってしまった。WEBなら27,600円(分割にしても変わらず)、ヨドバシでは30,700円 →3,100円安
ヨドバシではエントリーコードが使えないが、WEBなら使えるので転入の事務手数料3,240円が0円になる(先にアマゾンなどで買っておく必要あり。この記事を書いている段階で909円。タイミングが良ければmineo公式で事務手数料無料のキャンペーンをしていることもある)→2,331円安
ヨドバシに行くのに電車代が往復640円。WEBなら0円。→640円安

というわけで、6,071円も安くなるのでした...。が、月々の払いがズバッと下がるので良しとします。

とにかくmineo生活のスタートです。

参考になりましたらさいわいです。


》 》 mineoが今やっているキャンペーンをチェックする ←乗り換えタイミング診断が役に立ちます!

このページの上部へ

プロフィール

40代男性です。ついに10年以上使ったauをやめてmineoに乗り換えました。確かに月々の料金はガクンッとお安くなり衝撃的です。 不便はないか、通信は十分速いか、落とし穴はないか、ゆるゆると検証しております。


mineoの最新のキャンペーンを見てみる

最近のピクチャ

  • ファーウェイのP9lite
  • 計算機
  • SIMカード

月別アーカイブ

  1. 2016年11月 [2]
  2. 2016年10月 [4]