HUAWEIのSIMカード挿入方法

どの端末でも同様ですが、SIMカードはとても小さいです。金色部分は亀の甲みたいな模様。

SIMカード
(nanoSIMカード。実物大ではありません。)

40過ぎて老眼が始まっているかたなら、SIMカードを挿入するのはなかなかの難儀かと思います。
メガネを外せばだいじょうぶなかたから、老眼鏡やハズキルーペが必要な方までさまざまではないでしょうか。

ファーウェイでは本体のカバーを外すのではなく、添付されている細長い工具をサイドの穴に差し込んでひと押しすると、SIMカードを装着するトレイが出てきます。

SIMカード

たいへん細くて少しチカラを入れれば割れそうなトレイです。

それにnanoSIMカードを軽く乗せます。SIMカードのICチップの金色面が下を向きます。
カードの切り欠き部分をトレイの切り欠き部分に合わせてぽんと置くだけ。チカラは要りません。

ナノSIMカード

そうしてトレイを本体に戻します。

それにしてもnanoSIMカードは小さい!トレイに乗せるだけでも手が震えますw

手袋をはめてするようにという指示でしたが、素手でしてしまいました。
(わたしが触る前から指紋がついていました。なぜ?)


工具は今度使うときのためにすぐ出せる場所にしまっておきましょう。忘れてしまわないように。


SIMカードを挿入して端末を起動すれば、もう通話もネットもできるはずです。

その他は、まず設定画面で確認していくといいでしょう。

設定

その他

モバイルネットワーク

アクセスポイント名

mineoのDプランを選択!保存

という流れです。

わたしの場合、SIMカードを挿入したあと電源を入れたら、自動的にアクセスポイント名の選択の画面になりました。
 


》 》 mineoが今やっているキャンペーンをチェックする ←乗り換えタイミング診断が役に立ちます!